calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

categories

archives

【第七十三回 大正と大震災◆

0
    当時、震災の義捐金が日本の地方各地から
    集められていましたが、外国からも
    多くの義捐金が集まったようです。

    その中でも一番大きかったのが米国で
    義捐金の三分の二を占める規模で
    あったようです。
    震災からさかのぼり17年前の
    明治時代に米国桑港が大規模な地震に襲われ
    日本から天皇をはじめ人々が義捐金を募り
    日本赤十字社を通じでなんと当時
    30万円(現在で約3億〜5億円)が米国に
    送られたそうです。
    その感謝もあってのことでしょうか?


    金額としては恩賜金1千万円の他、
    国内3千7百万円、外国から2千2百万円に
    なったそうです。

    さて、その義捐金ですがどの様に
    使われたかというと、一部は復興のための
    建築に宛てられたようです。
    代表すると

    ・同潤会アパート(東京、横浜他)
    ・聖橋(東京都御茶ノ水)
    ・復興小学校(復興事業の一環として
    建築された一連の小学校の総称)

    等があるそうです。

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック