calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

categories

archives

【第四十八回 大正とブラックバス】

0
    最近、魚食性が強く、在来種を捕食することにより
    在来種が減った減ったとする学術論文が出たりして
    特定外来生物に指定したり、輸入の禁止が行われている
    何かと話題の「ブラックバス」ですが
    実は意外なことにこの魚が日本にやってきたのは
    大正時代・・・しかも政府のお墨付きの元にでした。


    大正14年(1925年)、大正銀行の頭取であり、
    実業家であった赤星鉄馬という人物が
    アメリカのオレゴン州から移入して
    箱根の芦ノ湖に放流したのが最初でした。

    しかし、何故外来魚をわざわざ輸入したのでしょうか?

    実は当時、都市部や工場の産業による公害が発生、
    更に追い討ちをかけるようにダム建設などで河川などが
    急激に汚染されていきました。
    それを再起すべく輸入されたのが
    「ブラックバス」だったのです。

    先ず、漁獲高が減った在来種より
    養殖が容易であること、食用であること、
    更に釣りをしても楽しめる・・・と各種条件が
    揃っていた優秀な魚だったのですが、
    その生命力の源である強い魚食性が
    逆に他の在来種を追い詰めるとは
    当時は思いもしなかったのではないでしょうか。

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    ブラックバスに関する最新ブログ、ユーチューブ、ネットショッピングからマッシュアップした口コミ情報を提供しています。
    • プレサーチ
    • 2007/11/17 7:31 AM