calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

categories

archives

終電前

0
    終電前の駅のホーム
    自分だけが佇んでいるホーム
    ほとんど何の音もなく
    駅の上を渡る橋を
    時より車が通るだけで

    静かなホームに佇む僕は
    ついさっき別れた
    君の顔を思い浮かべた

    その表情は明るく笑顔で
    「またね」と言うあいさつの後に
    「好きだよ」と付け足した後の
    はにかみを含んでいた

    とても幸せなはずのそんな風景が
    なぜか今の僕にはつらくて
    君の瞳をみつめたまま
    何も言葉を返せなかった

    ホームから延びる線路の向こうに
    小さくて強い光が現れて
    やがて駅のホームに滑り込んでくると
    乗客のいない列車のドアが開いて
    そしてまた閉じた

    過ぎ行く列車を見送ると僕は
    改札に向かって歩きながら
    ポケットの携帯を取り出して
    発信履歴の一番先頭にある
    君の番号を選んだ

    幸せなはずなのにつらいのって
    なんなんすかね
    なんか腹立ちますね
    自分に
    勝手ながら


    コメント
    今が満足するレベルの幸せだと感じていて
    それを失いたくないと思っていて
    永遠に変わらないものなんてないのだということを知っている

    上を求めていかなくなって
    今を守っていくだけになったとき
    ちょっと「つらい」に似た気持ち。
    不安で自分のたち位置がはかなく感じるな。
    • プーラム
    • 2007/06/04 8:32 AM
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック